妊娠マニュアルランキング

不妊治療のリスク

不妊治療に関わる医療行為としてのリスクには軽度のリスクしかありません。

不妊治療のリスクは、どのような不妊治療を行うかによってリスクが変わります。

まず、薬を投与する場合は、薬の副作用というリスクがあります。
薬の副作用は人によって症状の重さが違いますが、
主に、乳房が張ったり、吐き気やおう吐、多胎率が上昇する等のリスクがあります。

多胎率が上昇すると双子が産まれる可能性が増加します。
双子は出産の際に、母体や子供への多大なる負担が伴います。
その点もリスクと言えるでしょう。

また、体外受精を行った場合、卵巣過剰刺激症候群になる可能性があります。
卵巣過剰刺激症候群は、腹部の膨張、乏尿、おう吐、下腹部痛等の症状が出ます。

症状が重くなった場合は、各症状の治療を受けなければならない事もあります。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

妊娠マニュアルランキング

このページの先頭へ