妊娠マニュアルランキング

中絶すると、その後不妊になってしまうのでしょうか・・・。

赤ちゃんを授かっても、事情により産むという選択ができない場合があります。経済的な事情もあるでしょうし、母体に影響する場合等もあるでしょう。

中絶というのは、どんな理由であれ、女性の心と体に傷を残すものでもあります。中絶をすると、妊娠しにくいとか、不妊になるとか言われることがありますがそれは本当でしょうか。

実は、中絶イコール不妊、という訳ではありません。

未開の地での原始的な中絶ならば問題ですが、医療技術の進んだ現代では、中絶手術も安全に行われており、処置がきちんとされています。この処置が適切で、その後の経過が順調であればもちろん妊娠も出産も可能ですし、不妊になる確率もそんなに高くはないのです。

しかし、手術後に発熱した、ひどい腹痛が起こった、出血がいつまでも止まらなかった等よくない症状が出ていた場合は要注意です。

子宮内に傷をつけてしまっていたり、細菌が感染して子宮や卵管などに影響が出ている場合があるからです。それが原因で不妊になってしまう事は当然ありうることです。

また、何度も中絶を重ねているとやはり子宮内に傷ができる確率が上がりますし、その分うまく着床できなくなる可能性は上がります。

中絶を選択しなくていいように、今生む時期ではない、という時にはきちんと避妊するのが未来の不妊を防ぐことになります。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

妊娠マニュアルランキング

このページの先頭へ