妊娠マニュアルランキング

基礎体温をつけるってなぜ必要?

妊娠したい女性が産婦人科に相談すると、まず基礎体温を付けてみるよう勧められると思います。

平熱なんていつも変わらないけど、なんて思わないでくださいね。女性の体はとてもデリケートに出来ていて、実は生理と生理の間には、体温が下がる低温期、少し高くなる高温期があります。

低温高温は生理中の体温を基準として考えます。毎日寝起きなど同じ時間に婦人体温計できちんと計測すると、自分のリズムがよく分かってくるのです。

正しい計測の仕方としては、目覚めてすぐ横になったままで、体温計を舌の下に挟み込んで測ります。毎日同じ時間に測る方が正確なので、朝寝坊はしばらく我慢して計測しましょう。

3ヶ月ほど頑張ってみると、ある程度体のリズムが分かってきます。体温のほかにその日の気分などもメモしておくとさらに分かりやすいでしょう。

この基礎体温から分かることはたくさんあります。排卵や、ホルモンの分泌状態はもちろんですが、自分の体調が良い時や悪い時、また、次の生理日の予測まで可能になるのです。

例えば、いつもイライラするときは生理前だな、とか、排卵日前後は何だか疲れやすいかも、などです。

自分のリズムや体調をしっかり把握することで、妊娠に一歩近づくことができます。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

妊娠マニュアルランキング

このページの先頭へ