妊娠マニュアルランキング

意外に知らない、妊娠成立までのプロセス

妊娠って、どうなったらきちんと成立するかご存知ですか?また、その成立までにたくさんのプロセスがあるのをご存知ですか?

妊娠をするためには、まず女性の体で排卵が起こらなくてはいけません。

この卵子、実は生存期間は24時間しかありません。生存している間に無事に精子と出会うことができるかどうかがまず第一関門です。

次は受精。男性の射精によって送り込まれる精子は、最初は1~5億もいます。しかし、卵子にたどり着く頃には少ない時は10前後しかいなくなってしまいます。ここもなかなか狭き門なのです。そして無事にその中の1つが受精をするのですが、そこからもまだまだ大変です。

卵子の状態があまり良くない場合は、そこからも上手く育つことができないのです。きちんと成長し、子宮へと届けられればやっと着床となります。しかしここでもまだ大変な道のりはゴールではないのです。

着床するための子宮内膜の状態が良くなければ着床することができません。せっかく届いた受精卵でも、状態が良くないとやはりきちんと育つことができません。

これらの多くの難関を潜り抜けた場合、やっと「排卵」から「着床」という、妊娠までのプロセスが終わり、妊娠が成立するという流れになっています。

妊娠って、実はすごく大変なものなのです・・・。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

妊娠マニュアルランキング

このページの先頭へ