妊娠マニュアルランキング

病院での不妊治療の内容とは

病院で不妊治療を始めるとします。この不妊治療は、年齢や体の状態によってかなり異なります。

まず最初にきちんと検査をしているので、その結果と照らし合わせてから一番最適な治療が選ばれることとなります。

ごく一般的な不妊治療としては、基礎体温や検査の結果から排卵日を予測して妊娠しやすいタイミングを計り、それに合わせてトライするというタイミング法があります。

排卵日を予測するほか、排卵誘発剤を使って排卵の周期を調整することもあります。これが自然妊娠にかなり近い、ごく初期の不妊治療と言えるものです。これも最初はタイミングのみ指導、それでも難しい場合は排卵誘発剤を使用するというふうに、段階を踏んで行くようになっています。

そしてよく聞く人工授精があります。これは男性から採取した精液を女性の体の状態が整ったところに注入する方法。一番妊娠しやすい状態の時に医師の判断のもとに行われるものです。

これで妊娠できない場合は、もう少しレベルが上がります。体外受精などがその例です。

病院によっては、女性が妊娠しやすい体を作れるような指導であったり、鍼灸などを併用したりもします。どれにも共通することですが、早く始めるに越したことはないというのが現実です。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

妊娠マニュアルランキング

このページの先頭へ