妊娠マニュアルランキング

不妊治療は保険が効く?それとも保険外?

不妊治療には助成金が出るものがあります。ということは、一切保険が効かないということなのでしょうか・・・。

調べてみると、これは病院によってかなり異なるようです。

病院によっては問診と検査だけが保険適用され、他はすべて自費診療となるところもありますので、よく調べてから行く必要があると言えます。

不妊治療に関しても、タイミング法に関するものは保険が適用されることが多いですが、それ以外のものは自費診療となります。不妊治療の助成費が体外受精や顕微授精のみに限られるのもそういう理由です。

しかし、保険が適用されない治療もかなり金額が高いものがあります。

例えば、排卵誘発剤の注射です。排卵誘発剤は、注射をしないと排卵がされない、という場合には保険が適用されますが、卵子の数を増やしたいために注射を受けたいと言う場合は保険は効かなくなるのです。

このように、きちんと確認してみないと分からないものがたくさんあるということです。そして、一定の回数を超えると保険が効かなくなるものもあります。これも同時に確認しましょう。

不妊治療は病気と違い、いつ治療が終わるか分からないものです。きちんと家の財政状態を計算しながら病院を決め、使っても大丈夫な金額を決定しましょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

妊娠マニュアルランキング

このページの先頭へ