妊娠マニュアルランキング

基礎体温をつけることで、不妊治療のスピードはアップします

早い妊娠を心から望むのなら、まず始めるべきは基礎体温を測ることです。

基礎体温は、毎朝同じ時間にきちんと測り、記録するのが原則です。そして最低でも3ヶ月は続けましょう。

基礎体温をつけることにより、自分の体のリズムがきちんとわかるのです。この基礎体温によって、自分の排卵日の予測ができたりしますし、逆に排卵が起こっていないなどの不調に早く気付くことができるのです。

そして病院に不妊の検査に行く際にもこれは必要になってきます。基礎体温表を出してください、と言われることが多いからです。

この基礎体温表があれば、その期間中の体の状態がとても分かりやすいからです。これがあれば、排卵障害があって妊娠できないのか、それとも他に理由があるのかなどが目で見て確認できるわけです。

そうすると、おおよその診療予定が立つのです。何もなければ、どこに問題があるのかも分かりませんから、片っ端から検査をしなくてはいけません。検査をしつつ、結局「基礎体温をつけてください」と言われるのですから、そこから数か月を無駄にすることになります。

不妊かも、と思ったら病院に行こうかどうしようか悩む前にとりあえず基礎体温をつけることをはじめましょう。

体温表は手書きでもいいし、今はフリーソフトなどもありますのでそれらを活用してしっかりと記録してください。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

妊娠マニュアルランキング

このページの先頭へ