妊娠マニュアルランキング

体外受精にかかる費用はどれくらいでしょうか

体外受精は不妊治療の中でも一番大変なものと言えます。

女性の卵胞から卵子を取り出し、そこに精子をふりかけて培養し、受精させるのが体外受精です。そしてこれを子宮に戻し、様子を見るのです。

ちなみに培養の段階にもいろいろありますが、これは各病院の方針や本人の体調や体質、希望などで変わってくるようです。そして気になる費用ですが、これは病院によってかなり異なります。

平均して30~40万はかかると見てよいでしょう。

簡単な内訳としては、排卵誘発、採卵、受精操作、そして胚移植のような感じです。そして男性の精子はタイミングに合わせて使用するために、冷凍保存することも多いです。

そして、せっかくできた受精卵がすぐに使用できるようにということで、こちらも冷凍管理することがあります。これらの費用も当然別にかかってきます。

人工授精に至るまでの検査費用なども考えると、1回につきかなりの経済負担があることが分かります。しかし、条件が合えば自治体の助成金制度が利用できます。

年に2回までと制限はありますが、1回につき最大15万円の補助がでますので、これも事前に確認しておくほうが賢明です。

とはいえ、あまり長く悩んでいると時間はどんどん過ぎ去ってしまいます。不妊治療、と思ったときに体外受精についても確認しておきましょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

妊娠マニュアルランキング

このページの先頭へ