妊娠マニュアルランキング

男性の不妊の原因とは

結婚して何年も経つのに、なかなか子どもができないというと、なぜかまず女性側に問題があると思われがちです。しかし、男性が原因の不妊もあり得ます。それも、極端に少ないわけではないというのが現実です。

昔の日本だと、不妊はすべて女性が悪い、と言われていたのを考えると、これはなかなか画期的な事実ですね。そのため、不妊の検査に行く際は、男女共に行く方が効率的です。

男性側の不妊の原因としては、無精子症、性機能障害、乏精子症などがあります。

この中でも、男性不妊全体の9割以上を占めるのが無精子症です。精子をつくる能力がとても低い、またはまったくないという症状です。これは自分では分からないものなので、検査をして初めて分かることが多いです。

これは、実は思春期以降におたふくかぜになった際に起こる精巣炎が原因でなることもありますし、性感染症が原因でなることもあります。過去にパートナーが妊娠したことがあるから自分はずっと大丈夫、ではないのです。

また、世界的に男性の精子が少なくなっている、そして運動率が低下しているというWHOのデータも出ています。

強いストレスや疲労、大量の飲酒や喫煙なども影響してくるようですので、これは現代的な問題なのでしょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

妊娠マニュアルランキング

このページの先頭へ