妊娠マニュアルランキング

男性が受ける不妊検査の内容とは

不妊の検査は、女性側はとても大変です。まず基礎体温をつけて、それから卵巣や卵管、子宮・・・と時間もとてもかかります。が、男性の不妊検査はそれに比べるととても簡単に終わるものです。

基本的に問診と精液の検査、そして超音波の検査です。

精液の検査は、3~5日間禁欲したのちに採取し、提出します。運動率を下げないために、自宅などで採取した際には人肌程度に温めながら持っていく必要があるので、出来れば病院に専用ルームがあるところが楽ですし、きちんとした結果が出やすいです。

この精液を使っていろいろな検査が行われます。

これは体調によって左右されるので、いい結果でない場合などを考慮し、通常2~3回行われます。常に状態が良くない場合は、いわゆる男性不妊と診断されます。

このほかに、精巣の触診や超音波の検査などが行われます。クリニックによって差があり、超音波検査などの結果を見て、ホルモン検査や精管精嚢造形検査を行うところもあります。

だいたい女性と一緒に行って、婦人科で検査を受けるのが一般的ですが、男性の不妊や更年期障害などを専門に扱っているクリニックも増えています。近くにそういうところがあれば、利用するのもいいでしょう。

早く赤ちゃんに出会いたいと思えば、男性もしっかり協力することが大切なのです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

妊娠マニュアルランキング

このページの先頭へ