妊娠マニュアルランキング

男性が不妊の際に行われる治療の実態

不妊の原因が男性にあると分かった際は、当然男性側に治療が施される・・・と思いがち。しかし、実は女性側が不妊治療をするのと何ら変わらない負担がかけられるのが現実です。

病気などはっきりした原因がないのに精子異常が見られるという際、今の段階では実は決定的に有効だという治療法がないからです。

男性側に行える治療としては、漢方薬を処方したりする程度です。体調を改善して、少しでも質のいい精子をつくるよう働きかけをするのみ。そして、少ない質のいい精子を上手に利用するためにはやはり人工授精や体外受精をすることになります。

男性側は、精子の中に運動能力のあるものがあればOKですが、女性側は体外受精の場合などは排卵誘発剤の注射に始まり、採卵、そして受精卵を子宮に戻すなどその後もかなり大変です。

つまり、男性不妊の場合は、男性だけではなく女性にもかなり負担がかかるのです。

精神的な負担は男性の方が高いと言われますが、同様に女性にもかかるし、さらに肉体的負担もかかるのですから、まさに二人三脚で頑張っていく必要があると言えます。

どちらか片方に治療を丸投げするのではなく、お互いにしっかり相談し、支え合って不妊からの脱出を図ることが一番大切です。

男性側の治療もやはり早く行う方がよいので、その必要性をしっかりと伝え、まずは検査に夫婦で行くことから始めましょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

妊娠マニュアルランキング

このページの先頭へ