妊娠マニュアルランキング

不妊治療の種類

不妊治療の種類は、大きく2種類に分かれます。

一般不妊治療(体の中の治療)と特定不妊治療(体の外での治療)の2種類です。

一般不妊治療は、タイミング療法やホルモン療法と人工授精があります。
タイミング療法は、排卵の時期に合わせて性交渉する事によって妊娠の確率を上げる療法です。

ホルモン療法は、排卵が起こらない・黄体の機能が弱い原因の1つであるホルモンの分泌を薬や注射を使用して促す療法です。

人工受精は、子宮の中に直接精子を送り込む事で、
通常の性交渉では届かない程の多くの精子を卵管内に到達させる療法です。

特定不妊治療には体外授精と顕微授精法という治療法があります。

体外受精は、子宮内の成熟した卵胞を針に刺して卵胞を吸収して体の外で授精させて、
授精した卵胞を子宮に戻す治療法です。人工授精と似てるようなイメージですが、違う療法です。

顕微授精法は、顕微鏡で元気な精子を採取し、
卵子の中に直接精子を注入して授精させて子宮内に戻す治療法です。

主に、他の治療法がダメだった場合に行う方法です。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

妊娠マニュアルランキング

このページの先頭へ