テニス上達法ランキング

不妊症とストレス

不妊症の原因にストレスが大きく関わってきます。

嫌だ(したくない等)と思う事が有った時に、人は本能と理性で葛藤します。

そして理性が勝った場合に、脳がストレスを感じます。
脳がストレスを感じた時に出す指令で「視床下部」がホルモンを分泌します。
分泌されたホルモンの効果で「下垂体」と自律神経は臨戦態勢になります。

「下垂体」と自律神経が臨戦態勢になると下垂体と
自律神経がブドウ糖などの生成に手いっぱいになります。

ここで生殖のメカニズムに話を向けると
卵の発育や排卵などは「視床下部」から「下垂体」のルートで
分泌されるホルモンの働きで行われます。

ストレスで「視床下部」「下垂体」は手いっぱいの状態なので
生理不順など不妊に繋がる症状がでます。

不妊症は、夫婦で取り組む問題と言われる点がココにあります。

パートナーの理解が無ければ、ストレスを感じる事も多くなり、
不妊治療自体ストレスにもなってしまい治療がうまく進まないという悪循環を生むそうです。

テニス上達法ランキング

このページの先頭へ