テニス上達法ランキング

顕微授精について

顕微授精は、体外受精の方法とほぼ同じです。

違うのは顕微鏡を見ながら元気な精子を1つ選んで、
1つ卵子に直接送り込むという所です。

詳しく、書くと卵子には顆粒膜細胞というものがあって、
それが精子が卵子に到達する事を邪魔しています。

その顆粒膜細胞を人工的に除去してガラス管で精子を卵子に
送り込むことで授精させて一時培養液で様子を見て子宮に戻します。

採取できる良質な卵子の数が少ない場合や精子無気力症の場合に使われる方法で、
直接的に授精させるので授精の成功率が上昇します。

リスクとしては体外受精と同じように卵巣に対する負担が大きくてなる事です。

特に自分の体を触られるので身体的だけではなく精神的にも負担がかかるそうです。

妊娠の成功率は他の療法よりも格段に上がりますので効果的な方法ですが、
体の負担が大きい事と金銭的な問題などがありますので、
最終手段として用いられる事が多いです。

人工授精について

人工授精は、フーナーテストで男性側に原因のある乏精子症や、
精子の運動量が少ない、精子無気力症が不妊の原因である場合に用いられる不妊治療法です。

人工授精は採取した精子を培養し、運動量の多い精子を
厳選して直接子宮に送り込む方法です。

1回当たりの成功率は10%前後であまり高確率では無いと思いますが、
費用も1~2万円程度で済みます。
病院によって費用は変わるので事前に確認しましょう。

人工授精で精子を採取する方法は2種類あって、
スイムアップ法とパコール法があります。

2つ採取方法は違いますが、狙いは同じで人工授精に使う
元気な精子を選別するのに使用されている方法です。

どちらの方法で採取するかは、病院によって異なります。

体外受精について

体外受精は、成熟した卵子を採取して、
培養液の中で精子と受精させて育ったら子宮に戻す方法です。
妊娠の確率も20%~40%にアップするので有効な治療法の一つだといえます。

最近では入院をしなくても行えるようになっているそうですが、
保険の適用が無いので治療費が高額になってしまいます。

条件を満たせば国から助成金が出るので、
適用されるのかを事前に調べる事も必要になると思います。

体外受精には、若干のリスクがあります。

卵巣をから卵子を取り出したり、戻したりする事で、
卵巣過剰刺激症候群と言われる症状が出る場合があるからです。

症状は腹部の膨張・乏尿。嘔吐・下腹部痛など症状の種類や度合いは、
人それぞれだそうですが中には治療が必要になる場合があるそうです。

不妊治療の種類

不妊治療の種類は、大きく2種類に分かれます。

一般不妊治療(体の中の治療)と特定不妊治療(体の外での治療)の2種類です。

一般不妊治療は、タイミング療法やホルモン療法と人工授精があります。
タイミング療法は、排卵の時期に合わせて性交渉する事によって妊娠の確率を上げる療法です。

ホルモン療法は、排卵が起こらない・黄体の機能が弱い原因の1つであるホルモンの分泌を薬や注射を使用して促す療法です。

人工受精は、子宮の中に直接精子を送り込む事で、
通常の性交渉では届かない程の多くの精子を卵管内に到達させる療法です。

特定不妊治療には体外授精と顕微授精法という治療法があります。

体外受精は、子宮内の成熟した卵胞を針に刺して卵胞を吸収して体の外で授精させて、
授精した卵胞を子宮に戻す治療法です。人工授精と似てるようなイメージですが、違う療法です。

顕微授精法は、顕微鏡で元気な精子を採取し、
卵子の中に直接精子を注入して授精させて子宮内に戻す治療法です。

主に、他の治療法がダメだった場合に行う方法です。

テニス上達法ランキング

このページの先頭へ