テニス上達法ランキング

顕微授精について

顕微授精は、体外受精の方法とほぼ同じです。

違うのは顕微鏡を見ながら元気な精子を1つ選んで、
1つ卵子に直接送り込むという所です。

詳しく、書くと卵子には顆粒膜細胞というものがあって、
それが精子が卵子に到達する事を邪魔しています。

その顆粒膜細胞を人工的に除去してガラス管で精子を卵子に
送り込むことで授精させて一時培養液で様子を見て子宮に戻します。

採取できる良質な卵子の数が少ない場合や精子無気力症の場合に使われる方法で、
直接的に授精させるので授精の成功率が上昇します。

リスクとしては体外受精と同じように卵巣に対する負担が大きくてなる事です。

特に自分の体を触られるので身体的だけではなく精神的にも負担がかかるそうです。

妊娠の成功率は他の療法よりも格段に上がりますので効果的な方法ですが、
体の負担が大きい事と金銭的な問題などがありますので、
最終手段として用いられる事が多いです。

テニス上達法ランキング

このページの先頭へ