テニス上達法ランキング

自宅で出来る不妊治療・漢方が人気です

病院で不妊治療をせず、家で体質改善を主にして不妊治療に励む場合、漢方に頼るという手段があります。

ただ最初に言っておきたいのは、漢方とは魔法の薬でもなんでもありません、ということです。飲んだらすぐ妊娠する、というものでもありません。

漢方は、妊娠するのに障害となっている体の要因を取り除いて、体を整えるものなんです。

特に不妊治療として用いられる漢方の効能としては、「冷え症、血行不良の改善」「ホルモンバランスの調整」「自律神経の調整」などです。

受け入れ態勢が整っていない体にいくら体外受精した受精卵を戻しても、妊娠が継続する確率は低いですよね。でも、少しくらい弱い受精卵でも、受け入れ先がしっかり力を持っていれば、育てることができるのです。だからまずは体質改善しましょう、というのが漢方なんですね。

病院で行う不妊治療よりもリーズナブルですし、何より基本的に飲むだけなので、仕事などに差し支えることもないというのが魅力です。

体のリズムを正常化してあげれば、排卵のタイミングもはっきりしてきます。漢方と共に、基礎体温をきちんとつけて自分の状態を把握すること。

これができれば、妊娠できる日もそう遠くないのではないでしょうか。

体質改善する必要性とポイント

妊娠しやすい体とはどんなものでしょうか。

子だくさんのママなどを見ると、皆さん心身共に元気いっぱい子育てしていませんか?そう、やはり健康な体なのです。

不妊から脱出するには、心身共に健康だという状態に向かっていく必要があります。ただ、性格を変えろ!と言われてもそれはなかなか難しいですよね。ですから、自分で何とかすることができる「体質」から変えていきましょう。

そう、体質改善が不妊治療にはとても大切なことなのです。

まず、冷え症を改善することです。実は、体温が低いと受精卵が子宮の中で育ちにくいのです。寒いところよりは温かいところの方が何でも成長がいいのは分かりますよね。冷え症は血行不良が大きな原因になっていますから、普段から体を冷やさないようにする努力をしましょう。

適度な運動を取り入れるのもいい方法です。また、体を冷やすものではなく、温める食べ物を意識して取り入れるようにしましょう。

また、生理不順だと思う人は、それを解消することも大切。

生理不順イコールホルモンのバランスが乱れています。これが整わなければ体調が安定しませんから、どうしても妊娠をし辛くなってしまいます。

女性ホルモンと同じような働きをするザクロや大豆などを上手に取り入れて体質を根本から改善していきましょう。難しい場合は、サプリメントを上手く使うのも一つの手段です。

「病院で不妊治療を受ける」という選択をする前に・・・

赤ちゃんが欲しいのになかなかできない・・・不妊かも。そう思うと、いても立ってもいられず病院に駆け込んだりしますよね。

特に周りからのプレッシャーが強い場合なんてもう、何とかしたいと泣きたくなることもあるでしょう。でも病院での不妊治療はとても大変です。

何よりもまず、いつ妊娠が成功するか分からないという点で医療費がかなりかさむであろうことは覚悟しなくてはいけません。

42歳までは補助が出るとはいえ、妊娠まで何年もかかってはその負担はとんでもないものになります。これが原因で途中で断念する人も多いほどです。

また、病院なのでどうしても幸せそうな妊婦さんを見ることも多くなります。いつ妊娠出来るかもわからない、本当に出来るかも分からないというのですでに精神的ダメージを受けているのに、幸せそうな女性を見るのは本当に辛いものです。

もちろん、病院で検査をしてもらう事は必要ですが、無排卵や無精子等のどうにもならない場合を除いては、妊娠の可能性があるわけです。

精神的にも経済的にも負担になるかもしれない不妊治療の前に、まずは自分で出来ることから始めてみるのはどうでしょうか。

人の手を加えることなく、自分のお腹に愛する人との結晶を授かれたら、やはりそれが一番うれしいことなのですから・・・。

テニス上達法ランキング

このページの先頭へ